上司への年賀状に「謹賀新年」を使ってもよい?賀詞を使う時の注意点は?

年賀状に欠かせないのが、「賀詞(がし)」というお祝いの言葉。

そして賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」など色々あり、それぞれ使うべきシーンというものがあります。

そのため、年賀状を送る相手によって賀詞を使い分けなければ、失礼に当たる場合があります。

そこで今回は、上司への年賀状に「謹賀新年」を使ってもよいのか、さらに賀詞を使う時の注意点についてご説明します。

Sponsored Link

上司への年賀状に「謹賀新年」を使ってもよいのか?

結論から言いますと、上司への年賀状に「謹賀新年」を使ってもよいです。

賀詞には「1文字の賀詞」「2文字の賀詞」「4文字の賀詞」「文章の賀詞」「英文・カジュアルな表現の賀詞」といったものがあり、謹賀新年は「4文字の賀詞」に該当します。

そして4文字の賀詞というのは、目上の方向けの賀詞だからです。

「1文字の賀詞」「2文字の賀詞」→目下の方向け

「1文字の賀詞」と「2文字の賀詞」は、会社の部下など目下の方向けの賀詞です。

なぜなら、これらは単にお祝いの言葉であり、相手に敬意を表す言葉は入っていないからです。

寿 (意味:おめでたいこと、祝い)
福 (意味:幸せ)
賀 (意味:祝い)
春 (意味:新年)
禧 (意味:よろこび)

出典:GOODCROSS

賀正 (意味:正月を祝う)
賀春 (意味:新年を祝う)
頌春 (意味:新年をたたえる)
迎春 (意味:新年を迎える)
慶春 (意味:新年をよろこぶ)
寿春 (意味:新年を祝う)
初春 (意味:新年、都市の初め)

出典:GOODCROSS

「4文字の賀詞」→目上の方向け

「4文字の賀詞」は、会社の上司など目上の方向けの賀詞であり、賀詞の基本となります。

なぜなら、これらには相手に敬意を表す言葉が入っているから。

そのため、4文字の賀詞である「謹賀新年」は、上司への年賀状に使うことができます。

謹賀新年 (意味:謹んで新年をお祝い申し上げます)
恭賀新年 (意味:うやうやしく新年をお祝い申し上げます)
謹賀新春 (意味:謹んで初春をお祝い申し上げます)
恭賀新春 (意味:うやうやしく初春お祝い申し上げます)
敬頌新禧 (意味:うやうやしく新年の喜びをおたたえ申し上げます)

出典:GOODCROSS

なお、4文字の賀詞は目上の方向けではありますが、目下の方に使っても問題ありません。

たとえ年賀状を送る相手が目上の方や会社関係ではなくても、”敬意”の気持ちが込められた年賀状を送られて、うれしくない人はいないはず。

出典:マイナビニュース

「文章の賀詞」→どなたにでも使える

「文章の賀詞」は、会社の上司や部下など、どなたにでも使える賀詞です。

あけましておめでとうございます
謹んで新年をお祝いします
新年おめでとうございます
新年の御祝詞を申し上げます
新春のお慶びを申し上げます
謹んで初春のお慶びを申し上げます
謹んで新春のご祝詞を申し上げます

出典:GOODCROSS

「英文・カジュアルな表現の賀詞」→親しい方向け

「英文・カジュアルな表現の賀詞」は、友人など親しい方向けの賀詞です。

「あけましておめでとう」
「Happy New Year」

出典:年賀状豆知識

なお、「A Happy New Year」ではなく「Happy New Year」であることにご注意ください。

「A Happy New Year」…正確には、冠詞の「A」はつけません

年賀状の場合、すでに年が明けているので、「あけましておめでとう!」という意味合いになるため、「Happy New Year」でOKです。

出典:年賀状プリント決定版

Sponsored Link

上司に使うべき賀詞

ここまでの内容をまとめますと、上司に使うべき賀詞は、目上の方向けの「4文字の賀詞」、またはどなたにでも使える「文章の賀詞」ということです。

それぞれどんな賀詞があるかは、先ほどの内容をご確認ください。

  • 4文字の賀詞:「謹賀新年」「恭賀新年」など
  • 文章の賀詞:「謹んで初春のお慶びを申し上げます」など

賀詞を使う時の注意点は?

上司への年賀状では、「4文字の賀詞」または「文章の賀詞」を使ってくださいとお話ししました。

(「1文字の賀詞」と「2文字の賀詞」は使ってはいけない)

ただ、それ以外にも注意すべきことがあるので、ここで押さえておきましょう。

賀詞を重複させてはいけない

よくあるのが、冒頭に「謹賀新年」と書いて、「あけましておめでとうございます」と続けるケース。

「謹賀新年」は4文字の賀詞、「あけましておめでとうございます」は文章の賀詞ですから、賀詞の重複になります。

賀詞の重複はNGですから、冒頭に賀詞を書いたら、その後は賀詞を書かないように注意してください。

「新年明けましておめでとうございます」は避ける

「新年明けましておめでとうございます」という表現は避けた方が無難です。

なぜなら、この表現は間違いではありませんが、賀詞自体の誤り(「新年」と「明けましておめでとうございます」の意味が重複している)だという見解が浸透しているからです。

そのため、「新年おめでとうございます」、もしくは「あけましておめでとうございます」を使う方が良いでしょう。

よく「新年」と「明けましておめでとうございます」が重複しているから間違いだと言われていますが、『問題な日本語』(北原保雄編/大修館書店)の中で正しいという見解を見つけました。

しかし、一般的に“「新年明けましておめでとうございます」は間違いです”という見解が浸透しているので、「明けましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」を用いたほうが無難でしょう。

出典:All About 暮らし

まとめ

賀詞にはそれぞれ意味があるので、年賀状を送る相手によって適切に使い分ける必要があります。

そのため、上司への年賀状では、目上の方向けである「4文字の賀詞」、またはどなたにでも使える「文章の賀詞」を使ってください。

なお、実際に年賀状を作成する際、上司、同僚、部下、友人など、相手によって賀詞を変更するのは大変かと思います。

そうした時には、「4文字の賀詞」または「文章の賀詞」を使用すれば、間違いないでしょう。

【関連記事】
年賀状の書き方における常識とマナー8選!