年賀状に使う賀詞の種類と失敗しない使い方とは!?

年賀状に欠かせない大切な言葉である賀詞(がし)

賀詞というのは、お祝いの言葉であり、例えば、「賀正」「謹賀新年」「あけましておめでとうございます」といったものがあります。

そしてこれらは、あらかじめ年賀状ソフトのデザインに組み込まれていることが多いので、意識せずに使っている方もいるでしょう。

しかし、賀詞の種類は実に豊富で、相手の立場によって適切な賀詞が決められています。

そのため、何気なく使うと目上の方に失礼に当たることもあるので、今回は賀詞の種類と失敗しない使い方をご紹介します。

Sponsored Link

賀詞の種類と失敗しない使い方

賀詞には、「1文字の賀詞」「 2文字の賀詞」「4文字の賀詞」「文章の賀詞」「英文・カジュアルな表現の賀詞」があり、それぞれ相手によって使い分ける必要があります。

1文字の賀詞

1文字の賀詞には、以下のようなものがあり、会社の部下など「目下の方向け」となっています。

  • 寿

寿 (意味:おめでたいこと、祝い)
福 (意味:幸せ)
賀 (意味:祝い)
春 (意味:新年)
禧 (意味:よろこび)

出典:GOODCROSS

2文字の賀詞

2文字の賀詞には、以下のようなものがあり、1文字の賀詞と同じく、「目下の方向け」となっています。

  • 賀正
  • 賀春
  • 頌春
  • 迎春
  • 慶春
  • 寿春
  • 初春

賀正 (意味:正月を祝う)
賀春 (意味:新年を祝う)
頌春 (意味:新年をたたえる)
迎春 (意味:新年を迎える)
慶春 (意味:新年をよろこぶ)
寿春 (意味:新年を祝う)
初春 (意味:新年、都市の初め)

出典:GOODCROSS

4文字の賀詞

4文字の賀詞には、以下のようなものがあり、会社の上司など「目上の方向け」となっています。

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 謹賀新春
  • 恭賀新春
  • 敬頌新禧

謹賀新年 (意味:謹んで新年をお祝い申し上げます)
恭賀新年 (意味:うやうやしく新年をお祝い申し上げます)
謹賀新春 (意味:謹んで初春をお祝い申し上げます)
恭賀新春 (意味:うやうやしく初春お祝い申し上げます)
敬頌新禧 (意味:うやうやしく新年の喜びをおたたえ申し上げます)

出典:GOODCROSS

文章の賀詞

文章の賀詞には、以下のようなものがあり、「どなたにでも使える賀詞」となっています。

つまり、目上の方にも、目下の方にも使うことができます。

  • あけましておめでとうございます
  • 謹んで新年をお祝いします
  • 新年おめでとうございます
  • 新年の御祝詞を申し上げます
  • 新春のお慶びを申し上げます
  • 謹んで初春のお慶びを申し上げます
  • 謹んで新春のご祝詞を申し上げます

あけましておめでとうございます
謹んで新年をお祝いします
新年おめでとうございます
新年の御祝詞を申し上げます
新春のお慶びを申し上げます
謹んで初春のお慶びを申し上げます
謹んで新春のご祝詞を申し上げます

出典:GOODCROSS

英文・カジュアルな表現の賀詞

英文・カジュアルな表現の賀詞には、以下のようなものがあり、友人など「親しい方向け」となっています。

  • あけましておめでとう
  • Happy New Year

「あけましておめでとう」
「Happy New Year」

出典:年賀状豆知識

なお、単独のフレーズとして「Happy New Year」を使用する際には、冠詞の「A」は付けません。

冠詞の「A」は付けませんが、「A Happy New Year」は一般的に使われているので、「A」を付けてはいけないと考える必要はないでしょう。

賀詞の種類と使い方まとめ

賀詞の種類と使い方をまとめると、以下のようになります。

 

◯1文字の賀詞(目下の方向け)

→ 寿、福、賀、春、禧

◯2文字の賀詞(目下の方向け)

→ 賀正、賀春、頌春、迎春、慶春

◯4文字の賀詞(目上の方向け)

→ 謹賀新年、恭賀新年、謹賀新春

◯文章の賀詞(どなたにでも)

→ あけましておめでとうございます、謹んで初春のお慶びを申し上げます

◯英文・カジュアルな表現の賀詞(親しい方向け)

→ あけましておめでとう、Happy New Year

 

なお、相手によって賀詞を変更できない場合には、目上の方向けの「4文字の賀詞」、またはどなたにでも使える「文章の賀詞」を用いると無難です。

Sponsored Link

賀詞を使う時の注意点!

ここまで見てきた通り、賀詞には色々な種類があり、相手によって使い分ける必要があります。

それも含めて、賀詞を使う時には注意すべきことがあるので、しっかり押さえておきましょう。

目上の方に1文字、2文字の賀詞は使わない

1文字、2文字の賀詞は「目下の方向け」ですから、目上の方に使ってはいけません。

目上の方には、4文字の賀詞、または文章の賀詞を使います。

賀詞の基本は、相手への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入った「4文字」(4文字の賀詞)からなるもの。

しかし、例えば、1文字の賀詞「賀」の意味は「おめでたいことです」、2文字の賀詞「賀正」の意味は「正月を祝います」ですから、敬意や丁寧さに欠けているのです。

もともと、賀詞の基本は「謹賀新年」「恭賀新年」「敬頌新禧」などの4文字からなるもの

相手の方への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入ることで、礼儀にかなった挨拶の敬語となります。

出典:All About 暮らし

賀詞を重複させてはいけない

よくあるのが、冒頭に「謹賀新年」と書いて、「あけましておめでとうございます」と続けるケース。

「謹賀新年」は4文字の賀詞、「あけましておめでとうございます」は文章の賀詞ですから、賀詞の重複になります。

賀詞の重複はNGですから、冒頭に賀詞を書いたら、その後は賀詞を書かないように注意してください。

「新年明けましておめでとうございます」は避ける

「新年明けましておめでとうございます」という表現は避けた方が無難です。

なぜなら、この表現は間違いではありませんが、賀詞自体の誤り(「新年」と「明けましておめでとうございます」の意味が重複している)だという見解が浸透しているからです。

そのため、「新年おめでとうございます」、もしくは「あけましておめでとうございます」を使う方が良いでしょう。

よく「新年」と「明けましておめでとうございます」が重複しているから間違いだと言われていますが、『問題な日本語』(北原保雄編/大修館書店)の中で正しいという見解を見つけました。

しかし、一般的に“「新年明けましておめでとうございます」は間違いです”という見解が浸透しているので、「明けましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」を用いたほうが無難でしょう。

出典:All About 暮らし

まとめ

今回は、賀詞の種類と失敗しない使い方についてお話ししました。

賀詞には「1文字」「2文字」「4文字」「文章」「英文・カジュアル」というものがあり、それぞれに適した使用シーンがあります。

  • 1文字、2文字の賀詞 → 目下の方向け
  • 4文字の賀詞 → 目上の方向け
  • 文章の賀詞 → どなたにでも
  • 英文・カジュアルな表現の賀詞 → 親しい方向け

そのため、今まで何気なく賀詞を使っていたのであれば、次回から改善していきたいですね。

そうすることによって、お互いより気持ちよく新年を迎えることができ、あなたの印象もより良くなるはずですから。

【関連記事】
年賀状の書き方における常識とマナー8選!

年賀状の宛名につける敬称の正しい使い分け方