年賀状(2017年)の受付開始日は?いつまでに出すと元旦に届く?

年賀状とは、大切な方への年初めの挨拶状。

日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝えたり、ご無沙汰の方にも近況報告できる機会ですから、元旦に届くように出したいものです。

また、仕事関係の方に送る場合は、元旦に届くのが当たり前ですから、

  • 年賀状(2017年/平成29年)の受付開始日は?
  • いつまでに出すと元旦に届くのか?

については確実に押さえておきましょう。

Sponsored Link

元旦に届けてもらうためには

年賀状(2017年)の受付開始日は?いつまでに出すと元旦に届く?

2017年の年賀状の受付開始日は「12月15日(木)」、元旦に届く最終投函日は「12月25日(日)」です。

  • 受付開始日:12月15日(木)
  • 最終投函日:12月25日(日)

つまり、12月15日から25日の間に出せば、全国どこへでも元旦に届けてくれるということです。

ただ、12月26日(月)から12月28日(水)の間に出した場合も、できる限り元旦に届けるように取り組んでくれるとのこと。

一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日までに差し出していただきますようお願いします。

12月26日以降28日までに差し出していただいた年賀状も、できる限り元旦にお届けできるよう取り組んでまいります。

なお、年末押し迫っての差出しが集中した場合、地域によっては元旦にお届けできない場合がありますので、ご了承ください。

出典:日本郵便

12月28日までというのも、より詳細には以下の通りとなっていますが、確実に元旦に届けるためには、12月25日までに出してください。

  • 同一都道府県宛:12月28日(水)午前中集荷分まで
  • 隣接都道府県宛:12月27日(火)夕方集荷分まで

ポストに投函する場合の注意点

ただ、年賀状をポストに投函する場合には、注意すべきことがあります。

注意すべきこととは、最終集荷時間を過ぎてからポストに投函した年賀状は、翌日に集荷されるということ。

ですから、12月25日(日)の最終集荷時間を過ぎてから投函した場合は、26日(月)に集荷されます。

それはつまり、元旦に届かない恐れがあることを意味するので、ポストに投函する場合は、

12月25日の最終集荷時間までに投函しましょう。

最終集荷時間を確認する方法

集荷時間は各ポストに書いてあるので、そちらを事前に確認してください。

ただ、確認する時間が取れない場合は、「ポストマップ」というサイトを利用する方法もあります。

ポストマップ

使い方は簡単で、画面左上の検索窓(下図の赤枠部分)に「住所・駅・スポット」などを入力して、右にある「移動」ボタンをクリックするだけ。

年賀状(2017年)の受付開始日は?いつまでに出すと元旦に届く?

そして該当のポストをクリックすると、集荷時間が表示されます。

Sponsored Link

年賀状はいつまで出せる?

年賀状(2017年)の受付開始日は?いつまでに出すと元旦に届く?

ここまでの話から、年賀状は12月15日(木)から25日(日)の間に出せば、確実に元旦に届くことが分かりました。

ただ、うっかり忘れてしまった場合や、バタバタしていた場合、送っていない方への返事に備えて、「いつまで出せるのか?」という点も押さえておきたいところ。

実は、年賀状というのは、「松の内」という松飾りを飾っておく期間(一般的には1月7日、地域によっては15日まで)に届くように出すのが基本となります。

1月8日以降に出した年賀状には消印が押され、これは失礼にあたります。

ですから、年賀状は1月7日までに相手に届くように出してください。

年賀状は松の内の期間内に出します。松の内とは元旦から1月7日までのことです。

出典: JustSystems

1月8日に差し出したものからすべて消印を押します。

出典:郵便局

もしも1月7日までに届かないようであれば、年賀状ではなく、「寒中見舞い」を2月4日頃(立春)までに届くように出すとよいでしょう。

寒中見舞いは、寒さが厳しい時期に相手の健康などを気遣う便りであり、その他にも様々な場面で使用できます。

例えば、「年賀状を松の内に届くように出せない場合」、他にも「喪中のお知らせを出し忘れたため、年賀状をもらった場合」などが挙げられます。

なお、寒中見舞いには新年を祝う意味はないので、普通のはがきを使用し、かつ新年を祝う言葉は使わないことにご注意ください。

年賀はがきは使わず、ふつうのはがきを使います。

出典: All About

 12月14日以前に年賀状を出すとどうなる?

12月14日以前に年賀状を出した場合、普通のはがきとして扱われ、元旦には届かない恐れがあります。

もし仮に年賀状として扱ってくれたとしても、迷惑をかけていることには違いないので、年賀状は12月15日から12月25日の間に出しましょう。

それ以前に投函すると通常郵便の流れで届いてしまうようです。

出典:パレットプラザ・55ステーション 年賀状特設サイト

12月15日から12月25日の間に出しましょう!

2017年の年賀状の受付開始日は「12月15日(木)」で、元旦に届く最終投函日は「12月25日(日)」

ただし、ポストに投函する場合は、12月25日(日)の最終集荷時間までに投函してください。

  • 受付開始日:12月15日(木)
  • 最終投函日:12月25日(日)

年賀状というものは、元旦に届くと、大切に思う気持ちが伝わってきますが、2日以降に届くと、義務的・いい加減な印象を受けるもの。

ですから、新年をお互いにとって気持ちの良いものとするために、必ず上記の期間中に出しましょう。

年賀状の書き方における常識やマナーについては、こちらの記事をご参考にしてください。

【関連記事】
年賀状の書き方における常識とマナー8選!