紫外線「UVA」「UVB」「UVC」の違いとは?冬や曇りの日も注意!

日差しが強くなると、気になるのが紫外線。

紫外線を浴び続けると、日焼けやシミ、しわ、ソバカス、たるみ、さらに皮膚がんを引き起こす恐れもあります。

そのため、紫外線対策に取り組んでいる方は多いかと思いますが、そもそも紫外線とはどういったものなのかはご存知でしょうか。

Sponsored Link

紫外線とは

紫外線とは、太陽光の成分の一つです。

太陽光は、波長の長いものから赤外線(目に見えない)、可視光線(目に見える)、そして紫外線(目に見えない)に分けられます。

さらに紫外線の中でも、波長の長いものからUV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C(紫外線C波)に分けることができます。

紫外線「UVA」「UVB」「UVC」の違いとは?冬や曇りの日も注意!
出典:気象庁

ちなみに紫外線という名称は、可視光線の中の「紫色」の「外側」にあることから付けられました。

紫外線が肌に与える影響

紫外線には有害作用があり、それは波長が短いものほど強いです。

そのため、紫外線の中で最も有害作用が強いのは、最も波長が短いUV-Cとなります。

ただしUV-Cと、次に波長が短いUV-Bの大部分はオゾン層で吸収されるため、地上に届きません。

地上に届くのはUV-Bの一部とUV-Aであり、これらが肌に影響を与えます。

紫外線「UVA」「UVB」「UVC」の違いとは?
出典:J!NS

UV-A:肌の深くまで浸透して少しずつ影響を与える

UV-Aは、大気層であまり吸収されないため地上に届きます。

地上に届く全紫外線量のうち約9割がUV-Aであり、UV-Bに比べてエネルギーが弱いので肌に急激な変化を与えません。

日常生活の中で知らず知らずのうちに浴びていることで、肌の奥深くまでシワジワと浸透していき、少しずつ肌に影響を与えるのです。

そのため、別名「生活紫外線」と呼ばれることも。

ただし、決して肌への影響が少ないわけではなく、シミしわたるみなどを引き起こす大きな原因であると言われています。

また、UV-Aは雲やガラスを通り抜けるので、曇りの日や雨の日、家の中でも注意が必要です。

UV-B:肌の表面に強く作用して日焼けを起こす

UV-Bは、大気層で大部分が吸収され、一部が地上に届きます。

地上に届く全紫外線量のうち約1割がUV-Bであり、UV-Aに比べてエネルギーが強いので肌に急激な変化を与えます。

長時間の日光浴や屋外スポーツなどにより肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の主な原因はUV-B。

そのため、UV-Bの別名は「レジャー紫外線」です。

肌の表面の細胞を傷つけたり、炎症を引き起こすので、シミソバカス皮膚ガンなどの原因になります。

UV-C:地上に届かない

UV-Cは、最も有害作用が強い紫外線ですが、大気層で全て吸収されるので、通常は地上に届きません。

そのため肌にも届きませんが、オゾン層の破壊が進んでオゾンホールが発生してしまうと、地上に届くのではないかと懸念されています。

Sponsored Link

紫外線量が多くなる時期

紫外線量は天候により大きく変化しますが、一般的には夏(7~8月)に最も多くなります。

以下の図は、紫外線量(UV-A、UV-B)の年間の変化を表したもの。

紫外線「UVA」「UVB」「UVC」の違いとは?冬や曇りの日も注意!
出典:スキンケア大学

UV-A、UV-Bともに、7~8月に最大になっていますね。

ただ、6月の時点ですでに夏と変わらないので、早めに本格対策を行う必要があります。

12月になると、どちらも最小になりますが、それでもUV-Aはピークの半分程度ありますし、UV-Bは数ヶ月後にはぐんと上がっていきます。

また、1日のうち最も紫外線量が多くなる時間帯は正午頃

ここまでの内容から、紫外線対策は1年中、天候によらず、家の中でも必要であり、特に正午頃に注意すべきと言えるでしょう。

紫外線対策

紫外線対策というと、例えば、日焼け止めを塗る、日傘をさす、UVカット化粧品を使用するといったものが思い浮かびます。

ただ、もっと簡単な日陰に入る、帽子をかぶるといったことでも効果があるということも覚えておきたいところ。

  • 日陰
  • 帽子
  • サングラス
  • 日傘
  • 袖のある衣服
  • アームカバー
  • UVカット化粧品
  • 日焼け止め

まとめ

紫外線は季節や天候、場所によらず私達の元に届いています。

そのため、たとえ12月であっても、曇りの日であっても、家の中であっても、それを意識して対策を行う必要があります。

肌の老化原因の約8割が紫外線によるものだと言われていますので、あなたに合った対策を見つけ、無理のない範囲で続けていきましょう。