「帰省」「帰郷」「里帰り」の意味の違い、使い分けとは?

「帰省(きせい)」「帰郷(ききょう)」「里帰り(さとがえり)」という言葉は、いずれも「故郷に帰ること」を意味します。

ただ、その意味には少し違いがあるので、違いを理解して使い分けたいところ。

そこで今回は、「帰省」「帰郷」「里帰り」の意味の違い、使い分けについて見ていきましょう。

Sponsored Link

「帰省(きせい)」の意味

「帰省」の意味は、「故郷に帰ること」です。

一時的に故郷に帰る場合に使われます。

私達もゴールデンウィークやお盆、年末年始といった休暇に実家に帰る際には、「帰省する」と言っていますよね。

なお、「省(せい)」には「安否をたずねる」という意味があり、もともと「帰省」は「故郷に帰って両親を見舞う」の意味で使われていました。

「帰郷(ききょう)」の意味

「帰郷」の意味は、「故郷に帰ること」です。

「帰省」と違うところは、故郷に帰って落ち着く場合に使われるということ。

一時的に帰るのか、安住するために帰るのかという違いです。

ただし過去には、「帰省」と同じく、一時的に故郷に帰る意味でも使われていました。

「里帰り(さとがえり)」の意味

「里帰り」の意味は、「結婚している女性が実家を訪れること」です。

もともとは、女性が祝言後の3日目、5日目などに初めて実家に帰る場合に使われました。

しかし現在では、結婚している女性が一時的に実家に帰る場合に使われます。

また、外国に移住した人が一時的に母国に帰る場合にも使われ、ここでは男性女性は関係ありません。

それに関連して、国外に出ていた品物が一時的に元の場所に戻る場合にも使われます。

まとめ

一口に「故郷に帰る」と言っても、「帰省」「帰郷」「里帰り」にはそれぞれ違いがありました。

  • 「帰省」・・・一時的に故郷に帰る
  • 「帰郷」・・・故郷に帰って落ち着く
  • 「里帰り」・・・結婚している女性が一時的に実家に帰る

例えば、ゴールデンウィークに実家に帰る場合は「帰省」、家を継ぐために実家に帰る場合は「帰郷」、妊婦さんが出産するために実家に帰る場合は「里帰り出産」といった形で使われますね。

それぞれの違いを理解した上で、正しく使い分けていきましょう。