高速道路のサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の違いは何?

遠出のドライブや旅行、帰省など、高速道路を利用する機会は多いですよね。

そして高速道路には、サービスエリアやパーキングエリアがあるので、そこでの休憩も楽しみの一つではないでしょうか。

今では単なる休憩施設にとどまらず、地元の名物を堪能できたり、遊園地や温泉まである場所もありますから。

そのため、もはや「レジャー施設」と言えるサービスエリアとパーキングエリアですが、あなたはそれぞれの違いをご存知でしょうか。

サービスエリア(SA)とは

サービスエリアとは、人と車にフルサービスを提供する休憩施設です。

国土交通省によると、一般的には駐車場トイレ休憩所売店食堂、そしてガソリンスタンドなどが設置されているとのこと。

一般的にはサービスエリアには休憩所、駐車場、トイレに加え売店、食堂、給油所などが備わっており

出典:国土交通省

ただし、これは一般的な話なので、全てのサービスエリアに該当するわけではありません。

これよりもシンプルな場合や、反対に本格レストラン遊園地温泉市場、さらにドッグランまである場合もあります。

パーキングエリア(PA)とは

一方、パーキングエリアとは、人に最低限のサービスを提供する休憩施設です。

国土交通省によると、一般的には駐車場トイレが設置され、必要であれば売店も設置されているとのこと。

パーキングエリアには駐車場、トイレ、必要に応じ売店が備わっております。

出典:国土交通省

ただし、こちらも一般的な話なので、必ずしもそうとは限りません。

例えば、愛知県刈谷市の伊勢湾岸自動車道にある「刈谷ハイウェイオアシス」は、パーキングエリアでありながら遊園地も兼ねている人気スポット。

その人気ぶりは実際に訪れた方なら実感できたと思いますし、ディズニーランド、USJに次ぐ「入場者数全国3位の遊園地」となったことからも明らか。

アトラクションの規模や数は他に劣りますが、他にはない施設が充実していることが人気の理由の一つだと言われています。

例えば、幼児用複合遊具フィールドアスレチック水遊びができる広場天然温泉フードコート、そして市場といった施設があり、一つ一つが非常に充実しているのです。

他にも、「デラックストイレ」という各種メディアに取り上げられた人気トイレの存在も大きいです。

特に女性用トイレは、木や花といった自然的な質感を中心に優雅な空間を提供しているので大変人気があります。

刈谷ハイウェイオアシス

デラックストイレ

Sponsored Link

サービスエリアとパーキングエリアの違い

サービスエリアとパーキングエリアの違いは、あくまで一般的には、人と車にフルサービスを提供するのがサービスエリア、人に最低限のサービスを提供するのがパーキングエリアと言えます。

しかし実際には、サービスの内容で区別するのは難しい状況。

サービスエリアでも一般的なパーキングエリアと変わらないことはありますし、パーキングエリアでも一般的なサービスエリアを超えることはあります。

サービスエリア or パーキングエリア

サービスの内容で区別できないのなら、新しく休憩施設を建設する際には、どのようにして「サービスエリア or パーキングエリア」を決めているのでしょうか。

実は、サービスエリアは約50km、パーキングエリアは約15km間隔を目安に設置されており、国土交通省によると、「提供するサービスの内容と休憩施設相互の位置関係」により決めているとのこと。

PAはだいたい15km間隔に一つ、SAは50km間隔に一つを目安に設置することになっています。

出典:ドラぷら E-NEXCOドライブプラザ

高速道路の休憩施設は、提供するサービスの内容、休憩施設相互の位置関係によりサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)に区分しています。

出典:国土交通省

そこで提供するべき(必要とされる)サービスの内容、そして既存の休憩施設との位置関係によって、サービスエリアとするかパーキングエリアとするかが決まるということです。

まとめ

今回はサービスエリアとパーキングエリアの違いについて見てきました。

一般的には、サービスエリアは人と車にフルサービスを提供する休憩施設であり、パーキングエリアは人に最低限のサービスを提供する休憩施設です。

ただ、そこで提供するサービスの内容と既存の休憩施設との位置関係によってサービスエリアかパーキングエリアかが決まるので、サービスの内容で区別するのは難しいということでした。

最後になりますが、サービスエリアやパーキングエリアは「休憩施設」ですから、少しでも疲れたな、眠いなと思ったら、まずはしっかり休んでくださいね。