カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色とは?

母の日の定番のプレゼントといえば、カーネーションです。

赤やピンク、オレンジなど様々な色があるので、どの色にしようか選ぶのも楽しみの一つではないでしょうか。

ただ、色を選ぶ時に知っておきたいのが、カーネーションの花言葉

カーネーションには色ごとに花言葉があり、その意味がプレゼントとして適さない場合があるからです。

そこで今回は、カーネーションの花言葉を色別に見ていきながら、母の日にお勧めの色と避けたい色についても確認しましょう。

Sponsored Link

カーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉

カーネーションには色ごとに花言葉があるとお話ししましたが、カーネーションの花言葉というのもあります。

カーネーションの花言葉は、「無垢(むく)で深い愛」

  • 無垢で深い愛

母への愛情は深く純真なものなので、母の日にピッタリの花言葉ですね。

赤色のカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色とは?

赤色のカーネーションは、母の日の定番。

とても綺麗で華やかな人気色です。

そして花言葉は、「母への愛」という母の日にピッタリのもの。

  • 母への愛

そのため、色、花言葉ともに母親へのプレゼントに適していると言えるので、特に色の希望がない場合は、赤色を選ぶと良いでしょう。

ピンク色のカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色とは?

ピンク色のカーネーションも、赤色と同じく人気があります。

花言葉は「感謝の心」「女性の愛」

  • 感謝の心
  • 女性の愛

こちらの花言葉も、日頃の感謝を伝える日にピッタリですね。

そのため、母親が赤色よりもピンク色を好む場合や、「感謝」の気持ちを前面に出したい時にも選ばれます。

オレンジ色のカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色とは?

オレンジ色のカーネーションの花言葉は、「情熱」「熱烈な愛」

  • 情熱
  • 熱烈な愛

そのため、「一途」という意味合いが強いですから、母親というより恋人へのプレゼントに向いている花言葉という感じはあります。

ただ、愛情に満ちているポジティブな花言葉ではありますし、オレンジ色はエネルギーを与えてくれるので、母の日のプレゼントとしても問題はないでしょう。

青色のカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色とは?

青色のカーネーションの花言葉は、「永遠の幸福」です。

  • 永遠の幸福

こちらはロマンチックな花言葉ですね。

青色のカーネーションには、サントリーとオーストラリアのフロリジン社の共同開発によって生まれたムーンダストと、白色のカーネーションに着色した真っ青のカーネーション(上図)があります。

紫色のカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色とは?

紫色のカーネーションの花言葉は、「誇り」「気品」。

  • 誇り
  • 気品

紫色のイメージも、上品、高貴、魅力といったものですから、気品に満ちた女性にピッタリの花だと言えます。

いつもは赤やピンクを贈っている場合のアクセントとして、今回は紫色を選ぶというのも新鮮で良いでしょう。

Sponsored Link

濃い赤色のカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色も?

同じ赤色でも、濃い赤色(紫や黒に近い赤色)のカーネーションには注意が必要です。

なぜなら、その花言葉は「私の心に哀しみを」というネガティブなものですから。

  • 私の心に哀しみを

それに色合いも、優しく愛情深い母親のイメージとはほど遠いので、避けた方が無難です。

黄色のカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色とは?

黄色のカーネーションの花言葉は、「軽蔑」「嫉妬」

  • 軽蔑
  • 嫉妬

黄色は元気であたたかいイメージの色ですし、とても可愛らしい花なのですが、花言葉は意外にもネガティブなもの。

そのため、こちらも母の日のプレゼントとしてふさわしくないと言えます。

白色のカーネーションの花言葉

カーネーションの花言葉を色別にご紹介!母の日に避けるべき色とは?

白色のカーネーションの花言葉は、「私の愛情は生きている」「亡き母を偲ぶ」です。

  • 私の愛情は生きている
  • 亡き母を偲ぶ

花言葉はとても素敵ですが、白いカーネーションは亡くなった母親に感謝を込めて贈るものとされています。

そのため、今現在元気で過ごしている母親へのプレゼントとして適切ではありません。

まとめ

同じカーネーションでも、色によって花言葉は様々でしたね。

そして、花言葉によっては母の日のプレゼントとしてふさわしくないものがあることには注意が必要です。

以下に母の日のプレゼントとしてお勧めの色と、避けたい色をまとめましたので、カーネーション選びの参考にしてください。

まずは母親に喜んでもらえる色を選び、それから花言葉を踏まえて決定するというのはいかがでしょうか。

 

お勧めの色

  • ・・「母への愛」
  • ピンク・・「感謝の心」「女性の愛」
  • オレンジ・・「情熱」「熱烈な愛」
  • ・・「永遠の幸福」
  • ・・「誇り」「気品」

避けたい色

  • 濃い赤・・「私の心に哀しみを」
  • 黄色・・「軽蔑」「嫉妬」
  • 白・・「私の愛情は生きている」「亡き母を偲ぶ」

 

【関連記事】
母の日と父の日はいつなの?由来と定番プレゼントも確認!