かき氷のシロップは同じ味だった!?味付けは同じでも味が違うと感じる理由。

日本の夏の風物詩の一つにかき氷があります。

ここ数年は専門店も増えるなど、ますます人気が高まっていますよね。

いろいろな種類のシロップから、食べたい味を選ぶことは、大人でもワクワクします。

ところで、そのシロップの味に関して、意外な事実が判明しましたので、今回はそれについてご紹介します。

Sponsored Link

かき氷のシロップの味は同じだった

イチゴシロップであればイチゴの味が、メロンシロップであればメロンの味がする。

そう思っている方は大勢いらっしゃるかと思います。

しかし実際には、イチゴ、メロン、レモン、ブルーハワイシロップの味付けは全て同じであり、同じ味だというのです。

※ただし例外あり(果汁入りシロップなど)

なんと、かき氷に使うシロップはすべて同じ味付けだ、というのだ。

出典:JCASTニュース

人間の舌の感覚を再現した味覚センサー「レオ」における実験でも、イチゴ、メロン、ブルーハワイシロップ(無果汁)の味覚はほぼ同じであると証明されています。

味付けは同じでも味が違うと感じる理由

それでは、味付けは同じでも味が違うと感じていた理由は何なのでしょうか。

その理由は、原材料のうち「着色料」と「香料」が違うから。

ある食品メーカーが販売するかき氷シロップの原料はいちご味でもメロン味でもブルーハワイ味でも「果糖ぶどう糖液糖、砂糖、食塩、香料、酸味料、着色料」で、違いは着色料と香料の種類だけだった。

出典:JCASTニュース

着色料は「見た目」、香料は「香り」です。

たとえ味付けは同じでも、見た目と香りによって脳が錯覚を起こす。

そのため、イチゴシロップはイチゴ味が、メロンシロップはメロン味がすると感じていたということです。

Sponsored Link

見た目と香りが味に及ぼす影響

JCASTニュースの調査からも、見た目(視覚)と香り(嗅覚)が味に及ぼす影響は大きいことが分かっています。

見た目と香りのどちらを失っても、大きな影響が出るとのこと。

そのため、仮にシロップの色を透明にした場合、「香り」はイチゴのものであっても、イチゴ味だと分からないだろうということでした。

かき氷シロップは着色料と香料以外ほとんど同じ原料だと話した上で、「見た目」(視覚)と「匂い」(嗅覚)が味に及ぼす影響の大きさを指摘した。

どちらかが欠けても味に大きな変化をもたらすらしく、「かき氷シロップが無色透明だと匂いを変えても、いちご味かメロン味か、レモン味かは分からないと思います」という。

出典:JCASTニュース

まとめ

今回は、多くの人に愛されているかき氷のシロップについて見てきました。

普通に考えるとシロップ毎に味は違うものですが、実はシロップの味付けは全て同じ

それなのに味に違いがあると感じる理由は、原材料のうち「着色料」と「香料」に違いがあり、それによって脳が錯覚を起こすからでした。

私達がイチゴシロップのかき氷を食べた時に「イチゴ味がする」と感じていたのは、「見た目」と「香り」の情報による思い込みだったということですね。