新年・お正月にやってはいけない5つのタブーとは!?

新たな年を迎えるというのは、おめでたいことです。

それに、これから1年間の目標を掲げる良い時期ですので、とても前向きな気持ちにさせてくれます。

ただ、そういった時期でも、注意しておきたいことがあります。

注意しておきたいこととは、やってはいけないことだとされているタブーの存在。

それらをやってしまうと、縁起が良くないとされているので、頭の片隅に入れておきたいところです。

Sponsored Link

新年・お正月にやってはいけない5つのタブー

その1:元旦にお賽銭以外のお金を遣ってはいけない

1つ目のタブーは、元旦にお賽銭以外のお金を遣ってはいけないということ。

理由としては、元日にお金を遣ってしまうと、その年は出費が続くと言われているから。

元旦にお金を使ってしまうと、その日1年、財布からお金が出ていくようになるためです。おさい銭には使ってもいいというところがユニークですね。

出典:マイナビウーマン

現実的には、初詣における出店であったり、福袋・初売りバーゲンといったものがあるので、お金を遣わないというのは難しいかもしれませんね。

その2:元旦に掃除をしてはいけない

2つ目のタブーは、元旦に掃除をしてはいけないということです。

このタブーは、普段忙しく家事をしてくれている主婦に、元旦くらいは休んでもらおうという意味で言い伝えられてきたのだと言います。

家事は生活するために欠かすことができないので、主婦は休みなく働き詰め。

そういった状況を気遣う意味があるということで、心が温かくなる言い伝えですね。

他にも、掃除をすることによって、福の神様を追い出してしまうという意味もあるとか。

日頃働き通しの主婦に元旦ぐらいは休んでもらおうという意味で使われてきた言い伝えです。

出典:マイナビウーマン

その3:灰汁(あく)を出してはいけない

3つ目のタブーは、灰汁(あく)を出してはいけないというもの。

これは、「灰汁(あく)=悪」を出さないようにという思い、そして主婦に休んでもらいたいという思いからきています。

おせち料理には煮物は欠かせないので、現実的には難しいかと思いますが、これら2つの思いから言い伝えられてきたのですね。

あく=悪を出さないようにという意味が込められています。

出典:マイナビウーマン

Sponsored Link

その4:元旦はできるだけ水に触れない

4つ目のタブーは、元旦はできるだけ水に触れないというもの。

そのため、朝の洗顔くらいは良いのですが、洗い物や洗濯といったものは、控えた方が良いとされています。

これもタブー2、タブー3と考え方は同じで、台所の神様に元旦くらいは休んでもらおうという思いからきています。

なお、洗い物に関しては、午前中は水につけておき、午後になれば洗っても良いという説もあるとか。

台所の神様に元旦ぐらいはお休みしていただこうという意味があります。

出典:マイナビウーマン

その5:お正月はケンカをしてはいけない

5つ目のタブーは、お正月はケンカをしてはいけないというもの。

なぜなら、年のはじめにケンカをしてしまうと、その年はケンカが絶えないと言われているから。

タブー1の「元日にお金を遣ってしまうと、その年は出費が続くと言われているから」と似ていますね。

お正月は家でゆっくりしていたり、お酒を飲む機会もあるので、ささいなことでケンカに発展してしまうこともあるでしょう。

お正月からケンカをするのは気分的にも良くないので、こういったタブーの存在を認識しておくことで、抑止力の一つとするのも良さそうですね。

新年のはじまりから諍(いさか)いを起こしてしまうと、その年の間中ずっと人との争いが絶えなくなってしまうからです。

出典:マイナビウーマン

まとめ

いかがでしょうか。

今回の内容、そして「はじめよければ終わりよし」ということわざなどからも、先人たちが「はじめ」を大切にしてきたことがうかがえますね。

今回ご紹介した新年・お正月にやってはいけないタブーは、以下の5つでした。

  1. 元旦にお賽銭以外のお金を遣ってはいけない
  2. 元旦に掃除をしてはいけない
  3. 灰汁(あく)を出してはいけない
  4. 元旦はできるだけ水に触れない
  5. お正月はケンカをしてはいけない

タブー1~4は、現実的に守ることは難しいかと思いますが、大切なのはその根底にある思い。

例えば、「元旦に掃除をしてはいけない」というタブーは、主婦業をねぎらう気持ちからもきていて、その気持ちこそが一番大切です。

そのため、タブーを守るというよりも、それが生まれた思いというものを、新年に限らず、いつでも大切にしていきたいですね。