年賀はがきを別用途で使う時は「年賀」を消す必要がある?

書き損じや予期せぬ人から届いた返信用に備えて、余分に買うことが多い年賀はがき

そのため余ることもあるので、別用途に使うなどして活用したいですよね。

ただ、そうした時には、表面の「年賀」の文字を消す必要があるのか?という点が気になります。

Sponsored Link

表面の「年賀」の文字を消す必要はある?

余った年賀はがきを別用途で使用する場合、表面の「年賀」の文字を消す必要はあるのでしょうか。

結論から言うと、「年賀」の文字は消さなくても使えます。

ただし、購入したばかりの年賀はがきを別用途で年末年始に使う場合には、消した方が親切で配達ミスを防ぐ(年賀状として扱われることを防ぐ)こともできます。

なぜなら、例えば11月に購入した年賀はがきを別用途で年末年始に使うと紛らわしいからです。

そのため、年賀はがきを別用途で年末年始に使う場合、購入したばかりの年賀はがきであれば「年賀」の文字を二重線などで消し、過去の年賀はがきであれば消さないというのも一つとして考えられます。

ただ、ここで注意しておきたいのは、過去の年賀はがきを個人宛に使うと失礼に当たる場合が多いので、懸賞の応募などに使う方が無難ということです。

懸賞の応募に使う場合には、礼儀を意識する必要はありませんから。

郵便局で切手やはがきに交換してもらう

余った年賀はがきは、郵便局で切手やはがきに交換してもらうことができます。

  • 通常切手
  • 通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒)

ただし、1枚につき5円の交換手数料を支払う必要があります。

去年の余った年賀はがきは、今年の年賀はがきへ交換できますか?

今年の年賀はがきへの交換はできません。
ただし、通常のはがき・切手等へ交換することができます(この場合、1枚5円の手数料が発生します。)

出典:日本郵便

なお、郵便局では年賀はがきを「換金」することはできません。あくまで別商品との交換になります。

Sponsored Link

近親者に不幸があった場合

近親者に不幸があり、年賀はがきが不要になった場合は、手数料無料で以下の商品と交換してもらえます。

  • 通常切手(弔事用切手を含みます。)
  • 通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)
  • 郵便書簡
  • 特定封筒(レターパック封筒)

※特殊切手およびお年玉付き郵便はがき・切手は対象外です。

近親者のご不幸による服喪のため、ご利用いただけなくなったお年玉付き年賀はがき・寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手については、無料で通常切手類と交換いたします。

出典:日本郵便

なお、無料交換期間は、年賀はがき等の販売開始日から販売期間終了日までとなっています。

販売期間終了日は、多くの場合、1月の第二金曜日です。

交換する際には、窓口で服喪であることを申し出た上で、備え付けの請求書に「請求する方の住所・氏名」「亡くなった方との続柄」等を記入してください。

金券ショップで換金してもらう

その他、余った年賀はがきを金券ショップで換金してもらうという選択肢もあります。

当然ながら、買取価格は販売価格よりも安くなりますが、現金にしたい場合はこの方法になります。

ただし、全ての金券ショップで換金可能であるとは限らないこと、買取価格はお店によって変動することにご注意ください。

「現金にしたいけれど、思ったより買取価格が安いので懸賞応募に使う」といった結論もあろうかと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

余った年賀はがきを別用途で使用する場合、表面の「年賀」の文字を消さなくても使うことができます。

ただし、年賀はがきを別用途で年末年始に使う場合は、

  • 購入したばかりの年賀はがき→「年賀」の文字を二重線で消す
  • 過去の年賀はがき→消さない

とすると良いでしょう。

その他、余った年賀はがきを郵便局で切手やはがきに交換してもらう方法や、金券ショップで換金してもらう方法もあるので、あなたに合った形で活用してください。

【関連記事】
書き損じ・未使用の年賀状は何と交換できる?交換手数料や期限は?