年賀状における「迎春」の意味は?失礼に当たる場合も!?

年賀状の冒頭で見かける「迎春」という言葉。

「迎春」は年賀状作成ソフトに組み込まれていたり、人からもらった年賀状に書かれていることがあるので、何気なく使っている方もいることと思います。

しかし、「迎春」の意味を理解すると、年賀状を出す相手によっては失礼に当たることが分かります。

Sponsored Link

「迎春」は賀詞の一つ

まず、「迎春」というのは、賀詞(がし)という年賀に限らないお祝いの言葉の一つです。

そして賀詞には、「1文字の賀詞」、「2文字の賀詞」、「4文字の賀詞」、「文章の賀詞」、「英文・カジュアルな表現の賀詞」といったものがあり、「迎春」は「2文字の賀詞」に該当します。

年賀状における「迎春」の意味は?失礼に当たる場合も!?

「2文字の賀詞」は目下の方向け

「迎春」は「2文字の賀詞」に該当し、「2文字の賀詞」は目下の方向けとなっています。

つまり、「迎春」は目下の方(会社の部下など)宛の年賀状で使う賀詞ということです。

  • 迎春
  • 賀正
  • 賀春
  • 頌春
  • 慶春
  • 寿春
  • 初春

そのため、「迎春」を上司宛の年賀状で使ってしまうと、失礼に当たります。

それでは、上司宛の年賀状には、どういった賀詞を使うべきなのでしょうか。

上司宛の年賀状では「4文字の賀詞」を使う

そもそも賀詞の基本は、相手への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入った「4文字の賀詞」です。

そのため、上司宛の年賀状には、相手への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入った「4文字の賀詞」を使ってください。

それに対して「2文字の賀詞」には、「迎春」(意味:新年を迎える)のように、敬意と丁寧な気持ちを表す語が入っていません。

迎春 (意味:新年を迎える)

出典:GOODCROSS

そのため、「2文字の賀詞」を上司に使うことは、失礼に当たるのです。

Sponsored Link

「4文字の賀詞」の種類は?

それでは、上司に使うべき「4文字の賀詞」には、どういったものがあるのでしょうか。

例えば、お馴染みの「謹賀新年」「恭賀新年」「謹賀新春」といったものがあります。

そして、その意味を考えると、それぞれ敬意と丁寧な気持ちを表す語が入っていることが分かります。

  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 謹賀新春
  • 恭賀新春
  • 敬頌新禧

謹賀新年 (意味:謹んで新年をお祝い申し上げます)
恭賀新年 (意味:うやうやしく新年をお祝い申し上げます)
謹賀新春 (意味:謹んで初春をお祝い申し上げます)

出典:GOODCROSS

「文章の賀詞」はどなたにでも使える

上司宛の年賀状には「4文字の賀詞」を使うとお話ししましたが、「文章の賀詞」も使うことができます。

なぜなら、「文章の賀詞」とは、どなたにでも使える賀詞なのですから。

例えば、「あけましておめでとうございます」「謹んで新年をお祝いします」「新年おめでとうございます」といったものがあります。

  • あけましておめでとうございます
  • 謹んで新年をお祝いします
  • 新年おめでとうございます
  • 謹んで初春のお慶びを申し上げます

まとめ

いかがでしょうか。

年賀状の冒頭で見かける「迎春」というのは、「2文字の賀詞」であり、これには相手への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入っていません。

そのため、「迎春」を上司に使うことは、失礼に当たります。

(会社の部下など、目下の方に対して使います)

それに対して「4文字の賀詞」は、賀詞の基本であり、相手への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入っています。

そのため、例えば「謹賀新年」は、上司に使うべき賀詞ということです。

上司は歳を重ねていて、マナーや礼儀が身に付いているものなので、こういった部分にも意識を向けているはず。

ですから、この記事をご覧になってドキッとされたあなたは、次回から「4文字の賀詞」、または「文章の賀詞」を使うようにしてください。

最後になりますが、「4文字の賀詞」には相手への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入っているので、同僚や部下にも使うことができます。

実際に賀詞を使う場合には、この他にもいくつか注意点があるので、以下の記事もあわせてご覧ください。

【関連記事】
年賀状に使う賀詞の種類と失敗しない使い方とは!?