来年から年賀状を辞退したい場合の文例をご紹介!

毎年恒例となっている年賀状ですが、来年からは辞退したいという方は意外と多いようです。

特にプライベートにおいては、例えば、「高齢になり準備するのが大変になった」「年賀状だけの付き合いが面倒になった」といった理由による辞退が考えられるでしょうか。

そうした時には、自然消滅もあろうかと思いますが、相手や関係性によっては、辞退の旨を伝えておきたい場合もあります。

そこで今回は、来年から年賀状を辞退したい場合の文例をご紹介します。

Sponsored Link

年賀状辞退のポイント5つ

まずは、年賀状を辞退する場合のポイントを5つ押さえておきましょう。

  1. 相手が年賀状を書く前にはがきを出す
  2. 手書きで書く
  3. 納得のいく理由を書く
  4. 今後もお付き合いを続けたい旨を書く
  5. 他の方への年賀状も辞退する旨を書く

その1:相手が年賀状を書く前にはがきを出す

年賀状というのは、新年を祝う言葉をもって挨拶するもの。

そのため、そこで「辞退」の旨を伝えてしまうと、不快な思いをさせてしまう恐れがあります。

不快な思いをさせてしまう恐れがあるので、相手が年賀状を書く前、例えば12月初旬までに到着するようにはがきを出しましょう。

その2:手書きで書く

通常の年賀状であれば、基本的には印刷して、一言コメントのみ手書きという方も多いかと思います。

ただ、辞退の旨を伝えるはがきに関しては、手書きで書く方が良いでしょう。

手書きのはがきをもらうと、より心がこもっているように感じますので。

その3:納得のいく理由を書く

できるだけ納得のいく理由を書くことを心掛けてください。

相手からすれば、理由なく辞退される場合と、納得のいく理由があって辞退される場合とでは、受け取り方が大きく違ってくるもの。

そのため、相手の気持ちを考えた書き方をするべきです。

Sponsored Link

その4:今後もお付き合いを続けたい旨を書く

今後もお付き合いを続けたいのであれば、その旨を書きましょう。

年賀状を辞退されるのは悲しいものですが、納得のいく理由があり、さらにお付き合いは続けたいということであれば、安心してもらえるはずです。

その5:他の方への年賀状も辞退する旨を書く

相手からすれば、「もしかしたら、私への年賀状だけ送らないのかな?」といったことが心配になろうかと思います。

そのため、あなただけではなく、他の方も同じように辞退する旨を記載するべきです。

具体的には、「どなた様にも」「皆様にも」といった書き方をすると良いでしょう。

来年から年賀状を辞退したい場合の文例をご紹介!

それでは、来年から年賀状を辞退したい場合の文例をご紹介します。

文例は、以下の構成に沿って書いています。

  1. 時候の挨拶
  2. 辞退理由
  3. 今後もお付き合いを続けたい旨
  4. 結びの挨拶

なお、「辞退理由」などは必要に応じて変更してください。

寒くなりましたが、皆様お元気でしょうか。

さて、私も高齢になり、手足の衰えを感じるようになりました為、どなた様にも年始のご挨拶を控えさせて頂く事に致しました。

誠に勝手ではございますが、今後とも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

ご多忙の折ではございますが、風邪など召されませぬようご自愛ください。

まとめ

いかがでしょうか。

年賀状を辞退する旨が記載されたはがきは、多くの方にとって寂しく感じるもの。

ただし、きちんとした理由や今後もお付き合いをお願いしたい旨が丁寧に記載されていれば、あなたの気持ちは伝わるはず。

こちらとしても、今までお世話になり、場合によってはこれからもお世話になる方ですから、感謝の気持ちを込めて書いていきたいですね。