恭賀新年と謹賀新年の意味の違いと使い分け方

年賀状の冒頭によく書かれる言葉として、「謹賀新年(きんがしんねん)」「恭賀新年(きょうがしんねん)」があります。

近年は年賀状をソフトで作る方が多く、これらはデザインに組み込まれているので、何気なく使っている方もいるかもしれませんね。

ただ、年賀状は目上の方に送ることも多いので、きちんと意味を把握した上で、正しく使っていきたいところです。

そこで今回は、謹賀新年と恭賀新年の意味の違いと使い分け方をまとめていきます。

Sponsored Link

4文字の賀詞

謹賀新年や恭賀新年は、「賀詞(がし)という新年を祝う言葉の一つです。

そして賀詞は、「1文字の賀詞」「2文字の賀詞」「4文字の賀詞」「文章の賀詞」「英文・カジュアルな表現の賀詞」といったものがあり、これらは「4文字の賀詞」に該当します。

謹賀新年と恭賀新年の意味の違い

4文字の賀詞としては、「謹賀新年」「恭賀新年」の他にも「謹賀新春」「恭賀新春」「敬頌新禧」などがあり、それぞれ以下のような意味があります。

謹賀新年 (意味:謹んで新年をお祝い申し上げます)
恭賀新年 (意味:うやうやしく新年をお祝い申し上げます)
謹賀新春 (意味:謹んで初春をお祝い申し上げます)
恭賀新春 (意味:うやうやしく初春お祝い申し上げます)
敬頌新禧 (意味:うやうやしく新年の喜びをおたたえ申し上げます)

出典:GOODCROSS

「謹賀新年」の「謹んで」は深く礼を尽くす様子、「恭賀新年」の「恭しく(うやうやしく)」は礼儀正しく振舞う様子であり、その意味は同じ。

どちらにも、相手に敬意を表す言葉が入っていますね

その他の4文字の賀詞も同じように、相手に敬意を表す言葉が入っているので、4文字の賀詞は目上の方向けの賀詞となっています。

つまり、会社の上司宛の年賀状に使うことができるということです。

なお、4文字の賀詞は目上の方向けではありますが、目下の方に使っても問題ありません。

たとえ年賀状を送る相手が目上の方や会社関係ではなくても、”敬意”の気持ちが込められた年賀状を送られて、うれしくない人はいないはず。

出典:マイナビニュース

謹賀新年と恭賀新年の使い分け方

ここまで見てきた通り、謹賀新年と恭賀新年の意味は同じであり、どちらも相手に敬意を表す言葉が入っている4文字の賀詞です。

そのため、どちらも目上の方、そして目下の方にも使うことができます。

相手によって賀詞を使い分けるのは大変ですから、謹賀新年や恭賀新年で統一すると良いでしょう。

どちらを使うか迷った時には、より一般的な「謹賀新年」を使えば、間違いありません。

他にも上司に使って良い賀詞はある?

ここで気になるのが、「他にも上司に使って良い賀詞はあるのか?」ということ。

実は、先ほどお話しした「文章の賀詞」は、どなたにでも使える賀詞ですので、上司にも使うことができます。

具体的には、以下のような賀詞が挙げられます。

よく使われる「あけましておめでとうございます」も文章の賀詞の一つなのですね。

あけましておめでとうございます
謹んで新年をお祝いします
新年おめでとうございます
新年の御祝詞を申し上げます
新春のお慶びを申し上げます
謹んで初春のお慶びを申し上げます
謹んで新春のご祝詞を申し上げます

出典:GOODCROSS

Sponsored Link

上司に使ってはいけない賀詞

それでは反対に、上司に使ってはいけない賀詞も確認しておきましょう。

先にお話しした「1文字の賀詞」と「2文字の賀詞」は上司に使ってはいけません。

なぜなら、これらは単にお祝いの言葉であって、相手に敬意を表す言葉が入っていない目下の方向けの賀詞なのですから。

寿 (意味:おめでたいこと、祝い)
福 (意味:幸せ)
賀 (意味:祝い)
春 (意味:新年)
禧 (意味:よろこび)

出典:GOODCROSS

賀正 (意味:正月を祝う)
賀春 (意味:新年を祝う)
頌春 (意味:新年をたたえる)
迎春 (意味:新年を迎える)
慶春 (意味:新年をよろこぶ)
寿春 (意味:新年を祝う)
初春 (意味:新年、都市の初め)

出典:GOODCROSS

賀詞を使う時の注意点

上司宛の年賀状では、目上の方向けである「4文字の賀詞」、もしくはどなたにでも使える「文章の賀詞」を使うべきことが分かりました。

ただ、賀詞に関しては、他にも注意点が2つあるので、ここで押さえておきましょう。

賀詞を重複させてはいけない

まず一つ目は、賀詞を重複させてはいけないということ。

例えば、年賀状の冒頭に「謹賀新年」と書いて、「あけましておめでとうございます」と続けるケース。

これはよくあるケースなのですが、賀詞が重複しています。

なぜなら、「謹賀新年」は4文字の賀詞で、「あけましておめでとうございます」は文章の賀詞なのですから。

冒頭に「謹賀新年」と書いたら、その後は賀詞は書かないように注意してください。

「新年明けましておめでとうございます」は避ける

二つ目は、「新年明けましておめでとうございます」という表現は避けた方が無難であるということ。

なぜなら、これは正しい表現ですが、賀詞自体の誤りだという見解が浸透しているからです。

賀詞自体の誤りというのは、『「新年」と「明けましておめでとうございます」の意味が重複している』という見解です。

そのため、「新年明けましておめでとうございます」という表現は避けて、代わりに文章の賀詞である「新年おめでとうございます」、もしくは「あけましておめでとうございます」を使う方が良いでしょう。

よく「新年」と「明けましておめでとうございます」が重複しているから間違いだと言われていますが、『問題な日本語』(北原保雄編/大修館書店)の中で正しいという見解を見つけました。

しかし、一般的に“「新年明けましておめでとうございます」は間違いです”という見解が浸透しているので、「明けましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」を用いたほうが無難でしょう。

出典:All About 暮らし

まとめ

謹賀新年と恭賀新年の意味は同じで、どちらも相手に敬意を表す言葉が入っている4文字の賀詞です。

謹賀新年 (意味:謹んで新年をお祝い申し上げます)
恭賀新年 (意味:うやうやしく新年をお祝い申し上げます)

出典:GOODCROSS

そのため、どちらも目上の方はもちろん、目下の方にも使うことができます。

どちらを使うか迷った時には、より一般的な「謹賀新年」を使えば、間違いありません。

年賀状作成ソフトをお探しの方は、日本郵便が無料で提供している「はがきデザインキット」をお試しください。

詳細はこちらの記事でお話ししています。

【関連記事】
無料の年賀状作成ソフトのおすすめは日本郵便の「はがきデザインキット」