元旦と元日の違いは何?年賀状ではどちらを使う?

皆さんは「元旦」と「元日」の違いをご存知でしょうか?

その意味は大体同じではありますが、はっきりとした違いがあります。

そしてこれらは、年賀状の「日付」にも書くものなので、違いを理解しておきたいところです。

そこで今回は、元旦と元日の違いは何か?そして年賀状ではどちらを使うのか?についてご説明します。

Sponsored Link

元旦と元日の違い

「元旦」とは1月1日の朝・午前中を、「元日」とは1月1日を意味します。

つまり、同じ1月1日でも「朝・午前中」を意味するのか、「終日」を意味するのか、という違いがあります。

「元日」とは、年の初めの国民の祝日で1月1日のことです。

一方、「元旦」は一般的には「元日の朝」をさします。

出典:withnews

元旦の「旦」の意味

元旦の「旦」には、朝、夜明けという意味があります。

それを知っておくと、「元旦=1月1日の朝」であると覚えやすいのではないでしょうか。

ちなみに「旦」という漢字は、「日」に地平線を表す「-」を加えて、「太陽が地平線から昇る様子」を表していると言われています。

「旦」の字は、水平線や地平線から日が昇る様子に由来するといわれています。

だから元旦といえば、元日の朝をさします。

出典:withnews

年賀状の「日付」ではどちらを使う?

元旦と元日の違いは分かりましたが、年賀状の「日付」ではどちらを使えば良いのでしょうか?

「平成◯◯年 元旦」と「平成◯◯年 元日」ではどちらが正しいのか?ということです。

実は、一般的には「元旦」と書くことが多いのですが、どちらも正解。

一般的には「元旦」を使用することが多いのですが、実はどちらも正解

出典:グラフィック

そして「元旦」と書くことが多い理由は、配達時間に関わらず、「一刻も早く新年の挨拶をしたい」という思いから。

先にお話しした通り、元旦は1月1日のを、元日は1月1日を意味しますので。

これは、年賀状の実際の配達時間に関わらず、「一刻でも早く新年のあいさつや敬う気持ちを相手に伝えたい」という思いから使われているというわけです。

出典:グラフィック

また、1月1日に届かないことが分かっている場合は、あえて「元旦」や「元日」を避け、「新春吉日」などを使う方法もあります。

明らかに一月一日に到着しない年賀状(遅れて出してしまう場合など)には「新春吉日」など、あえて「元旦」「元日」を使うのを避ける方法もあります。

出典:グラフィック

まとめますと、「元旦」と「元日」はどちらを使っても良いが、その意味から「元旦」を使うことが多い。

ただし、1月1日に届かないことが明らかであれば、「新春吉日」などを使う方法もある、ということです。

Sponsored Link

「元旦」と書く時の注意点

元旦と元日の違いは何?年賀状ではどちらを使う?

ここで、年賀状に「元旦」と書く時の注意点を押さえておきましょう。

注意点というのは、「一月一日 元旦」「一月 元旦」という書き方はNGであるということ。

なぜなら、元旦とは「1月1日の朝」なので、これらの書き方では意味が重複してしまうから。

そのため、「平成◯◯年 元旦」と書きましょう。

謹賀新年

良い年をお迎えのことと存じます。
旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
御家族の皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます。

平成○○年元旦

出典:日本郵便

年賀状を元旦に届けるには

例年、郵便局は年賀状の引受を12月15日から開始し、25日までに出したものは、全国どこへでも元旦に届けてくれます。

そのため、年賀状は12月15日から25日の間に出すようにしてください。

  • 引受開始日:12月15日
  • 最終投函日:12月25日

12月25日(火)までの差出しにご協力をお願いします。

一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日(火)までに差し出していただきますようお願いします。

出典:日本郵便

なお、ポストに投函する場合は、25日の最終集荷時刻までに投函するようにご注意ください。

まとめ

いかがでしょうか?

近年はメールやTwitter、LINEなどが普及したこともあって、年賀状の発行枚数は右肩下がり。

しかし、仕事の付き合いはもちろん、純粋に年賀状での挨拶や近況報告を楽しみにしている方は大勢います。

そのため、これからも正しく年賀状を書く意識を持って、お互いに気持ちよく新年を迎えられるようにしたいですね。

【関連記事】
上司への年賀状に「謹賀新年」を使ってもよい?賀詞を使う時の注意点は?

2017年1月2日の年賀状の配達を中止する理由とその影響