年賀状を自宅で印刷する無料ソフトなら日本郵便の「はがきデザインキット」

毎年年賀状を作成する季節になると、「誰に出そうか?」「どんな年賀状にしようか?」と考えることになります。

また、それと同時に、「どのソフトで作成しようか」というのも考えどころ。

例えば、「昨年使用したソフトは、使い勝手が良くなかった」「昨年は有料のソフトを使用したが、今年は無料のものを使いたい」ということもあるでしょう。

そこで今回は、年賀状を自宅で印刷する無料ソフトとしておすすめの「はがきデザインキット」をご紹介します。

Sponsored Link

はがきデザインキットとは

はがきデザインキットとは、日本郵便が無料で提供している「はがき作成」ソフトです。

簡単操作で年賀状のデザイン、宛名面の作成、印刷、住所録の管理等、一通りのことができます。

日本郵便が提供しているので非常に安心感があり、機能や使い勝手に関しても、有料のソフトに引けを取りません。

デザインも約100種類以上と豊富に取り揃えています。

「ウェブ版」「インストール版」「スマホアプリ版」

はがきデザインキットには、「ウェブ版」「インストール版」「スマホアプリ版」の3種類があります。

それぞれ以下の特徴があり、特に「インストール版」は、自宅で印刷したい方向けです。

この記事では、インストール版に特化してご説明します。

(ウェブ版とスマホアプリ版も、自宅で印刷できます)

インストール版

  • ソフトをパソコン等にインストールして作成する
  • 自宅で印刷したい方(宛名面を含めて)向け

※自宅のプリンターで印刷可能

ウェブ版

  • ウェブブラウザ上(インターネット経由)で作成する
  • オンラインでデザイン、印刷、投函したい方向け

※自宅のプリンターで印刷、またはネットで注文印刷が可能

スマホアプリ版

  • スマートフォンで作成する
  • スマホで手軽にデザイン・印刷・投函したい方向け

※自宅のプリンターで印刷、またはネットで注文印刷が可能

Sponsored Link

インストール版

動作環境

インストール版は、パソコン等にインストールして使います。

「Windows」、「Mac」どちらにも対応していますが、インストールする際には、以下の推奨環境に該当するかをご確認ください。

推奨環境でなくても動作する場合はありますが、正常に動作しない恐れがありますから。

  • Windows 7/Windows 8 Classic/Windows 10
  • Mac OS X10.7以上

● Windows 7/Windows 8 Classic/Windows 10
● Mac OS X10.7以上
※ Adobe AIRの「必要システム構成」に依存します。詳しくは「Adobe AIRの必要システム構成」をご覧ください。

出典:はがきデザインキット

解説、Q&Aページ

はがきデザインキットには、インストールから起動、画面、操作などの解説ページやQ&Aページが用意されています。

そのため、もともと直感的に操作できるソフトではありますが、不明点が出てきた時も安心です。

特にインストール版の場合、使い方について「文章」だけでなく「動画」でも解説しているので、至れり尽くせりです。

はがきデザインキットの使い方 インストール版

よくあるご質問

インストール版について

インストール版では、ソフトをパソコン等にインストールして、年賀状のデザイン、宛名面の作成、印刷、住所録の管理等ができます。

特に、自宅で印刷したい方(宛名面を含めて)向けとなっています。

インストール版

年賀状を自宅で印刷する無料ソフトなら日本郵便の「はがきデザインキット」

  • デザイン
  • 宛名
  • 印刷(自宅のプリンター)
  • 住所録の管理

毎年バージョンアップ

はがきデザインキットは、「ウェブ版」「インストール版」「スマホアプリ版」いずれも、毎年秋(11月1日予定)にバージョンアップします。

例えば、2016年度版から2017年度版へのバージョンアップは、2016年11月1日に行われます。

11月1日にバージョンアップしてくれるのは、早めに年賀状を作成したい方にとってもありがたいですよね。

また、バージョンアップすると、その年の干支の年賀素材などが追加されるので、別途干支の画像を用意する必要はありません。

まとめ

はがきデザインキットは、日本郵便が無料で提供している「簡単操作で年賀状を作成できるソフト」です。

そのため、自宅で印刷できる無料のソフトを探している方、簡単操作で作成できるソフトを探している方には、一度手に取って欲しいソフトだと言えます。

今回は、自宅で印刷したい方向けの「インストール版」をご紹介しましたが、「ウェブ版」と「スマホアプリ版」もあるので、用途に合わせて選択してください。

ウェブ版とスマホアプリ版の詳しい説明は、こちらからご覧になれます。

【関連記事】
無料の年賀状作成ソフトのおすすめは日本郵便の「はがきデザインキット」